先生の声

なぜ思考力検定を受検させるのか?

どのような想いでこの検定を子どもたちに受検させるのでしょうか。
思考力検定担当の先生から、ご意見を頂戴いたしました。

この他にも、子どもたちの思考力を伸ばすことに熱い想いを持ったたくさんの先生から、ご意見をいただいております。本当にありがとうございました。
重ねまして御礼を申し上げます。
ご意見は原文のまま掲載させていただきました。

子どもたちに、なぜ、思考力検定を受検させるのか?

  • ・教科書の内容からは得られない、考える力を生徒たちに身に付けさせたかったから(S中・M先生)
  • ・外部による本校児童の学力を評価してもらえる機会であるため(Y小・K先生)
  • ・思考力をはぐくむことにより、子どもたちの人生を幸せにと考えました(N学習教室・N先生)
  • ・今思考力を問われているので、子どもたちが力をつけられるように(T小・Y先生)
  • ・活用する力、創造する力、考える力を試す、すばらしい問題だと思ったからです。現場の教師には時間的にこういう問題を作成することができない現状です(T中・T先生)
  • ・考えることの楽しさを知る手がかりとなればという思いと、他県まで出かけなくても学校で受検できるのなら、生徒の負担も軽減すると考えました。(T中・S先生)
  • ・数学の得意な生徒にさらに数学のおもしろさを伝えたいため(K中・K先生)
  • ・幅広い思考力を高めるため/学習に対する目的意識を持たせるため(A中・S先生)
  • ・もっと力を伸ばしてあげたくて(B小・S先生)
  • ・思考力の足りない子が増えています。覚えるのではなくこうした考えるテストは大変貴重です。有意義です(A教室・M先生)
  • ・計算力だけでなく思考力の大切さに気づかせたいから(S小・K先生)
  • ・生徒に思考力を問いかけていくのに、良い資料。きっかけになる(T中・N先生)
  • ・問題がおもしろく当塾の作成問題と同じで、論理的思考力を使うので、算数数学が好きな生徒なら楽しんでもらえると思ったから(D学習社・I先生)
  • ・考える力をつけるには最適と考えるから(H中・K先生)
  • ・当検定の学習は、思考力・知能の開発に適しているから/目標の合格が生徒たちの励みになっているから/入試の内申書に書けるから(Bゼミナール・W先生)
  • ・思考力は大切だと思うから。解き方にパターンがないところが良いと思う(T中・Y先生)
  • ・数学的ひらめきを引き出してほしい(C会・K先生)
  • ・考えるということに重点をおいており、良問ぞろいだから(S学園・H先生)
  • ・考える力・考え抜く力が子どもを伸ばすとの考えから、思考する過程を重要視し、思考できる教材の1つとしてアドベンチャー(問題集)を取り入れ、生徒一人ひとりの考える力を計るものさしとしています (R塾・H先生)
  • ・授業で学んだ数学の知識の有用性を生徒に感じてもらいたいため(O中・O先生)
  • ・生徒の思考力を高めるための教育活動を重視しているため(K中・H先生)
  • ・一次試験、二次試験など複雑ではなく分かりやすい。考える力は大切だと思う。(K中・T先生)
  • ・良問が多いので。(K中・I先生)
  • ・学力向上に向けて、生徒の学習する機会としたいため。(I中・M先生)
  • ・説明や思考力等の内容が良いと思ったから。(K中・T先生)
  • ・検定の内容が良いと思うから(Sゼミ・I先生)
  • ・単なる計算問題でないところがいいです(S小・K先生)
  • ・学力の定着具合を主体的に確認できる場を児童に提供したいと考えた(S小・I先生)
  • ・算数をやる上で子どもたちに目標を作りたかった(I学習社・S先生)
  • ・本校の算数部では思考力の育成に重点を置いているから(S小・N先生)
  • ・内容が良い(算数の楽しさ)を考えています(H教室・I先生)
  • ・思考力を養う機会を作りたかったので(O塾 ・O先生)
  • ・応用力への刺激を生徒たちに与える機会にしたいため(Fスクール・O先生)
  • ・数学への興味を高めより一層の力をつけさせるきっかけにしたかったから。(S中・M先生)
  • ・検定を通して生徒に、考える力をつけさせたい(M中・H先生)
  • ・問題がおもしろいから(T教室・T先生)
  • ・算数学習の励みとして(M学園・K先生)
  • ・本当の数学の力を見ることができると思ったから(O中・Y先生)

たくさんのご意見、ありがとうございました。

なぜ思考力検定を受検させるのか?

ページトップへ

User's Voice

  • 受検者の声
  • 先生の声

出題問題募集

検定に出題する問題を募集しています。
続きはこちら

検定研究会・運営団体

検定をご指導いただいている先生方と、運営している団体の紹介です。
続きはこちら