検定研究会・運営団体

ご指導いただいている先生方

会長

杉山吉茂(東京学芸大学名誉教授)

杉山吉茂

「算数・数学思考力検定」は、単なる知識・技能を習得しているかどうかだけではなく、考える力を含んだ広い意味での数学の学力レベルを考え、どのレベルに子どもが達しているかを示すことによって、考えることと数学の学習を励ますことを目的に始められています。

経済協力開発機構が行ったPISAの調査で、日本の子どもたちの読解力や活用力が弱いことが明らかにされるようになり、文科省の全国調査でも知識・技能の習得を問うA問題の他に、数学の活用力を見るB問題が出されるようになりました。それらの調査結果から、今後の数学教育は、読解力や活用力の育成にも力を入れなければならないと言われています。
これはまさに、「算数・数学思考力検定」が求めていたことであり、本検定の価値が認められることでもあります。

委 員

渡邊公夫 (早稲田大学教授)

渡邊公夫 (早稲田大学教授)問題に対峙したとき、朧げながらも見えた解決の筋道が諸々の思考を経ることにより数学的構造として認識され、解決に至ります。実は、数学を学ぶプロセスもまさに、問題解決学習そのものなのです。これらの経験を経て、より複雑で、高度な数学的事実を含んだ事象が正しく認識できるようになります。
「思考力検定」とは自らの思考プロセスの健全な発達を確認し、希望する意味からも重要なことといえましょう。

藤井斉亮 (東京学芸大学教授)

藤井斉亮 (東京学芸大学教授)日々の授業の中で「なるほど、面白い」「オヤ、この生徒の考えは一味違うな」と思わせる発言や解答に出会うことがあるでしょう。生徒達は数学の学習を通していろいろな能力や態度を培っているはずです。「算数・数学思考力検定」は一人ひとりの生徒がもっているそのような潜在力を調べ、そして、さらにそれに磨きをかけるためのものです。ぜひ生徒達に挑戦させてみてください。生徒達の可能性がきっと光り輝くにちがいありません。


清水美憲 (筑波大学大学院教授)

清水美憲 (筑波大学准教授)数学的思考力は問題解決の過程で発揮されますが、その力を伸ばすためには、よい問題にチャレンジして様々な解決方法を用いる経験を重ねなければなりません。
 「思考力検定」では、各級に配置された興味深い問題が思考力の目安を与えているので、スポーツ選手が記録に挑戦しながら能力を高めていくように、より上位の級を目標として問題にチャレンジする過程で思考力を伸ばすことができます。

ページトップへ

運営

算数・数学思考力検定は、iML国際算数・数学能力検定協会が実施・運営しています。
検定を通じて、算数・数学が好きになり、豊かな思考力を持った未来を創造できる子どもをたくさん育てたいと考えています。

ページトップへ

監修

公益財団法人 日本教材文化研究財団

日本教材文化研究財団は、学校教育、社会教育及び家庭教育における教育方法に関する調査研究を行うとともに、学習指導の改善に資する教材・サービス等の開発利用をはかり、もってわが国の教育の振興に寄与することを目的として設立されました。

連絡先

iML国際算数・数学能力検定協会
〒162-0841
東京都新宿区払方町14-1
電話:03-5225-6018 FAX:03-5225-6019
ホームページ:http://www.shikouryoku.jp/

ページトップへ

User's Voice

  • 受検者の声
  • 先生の声

出題問題募集

検定に出題する問題を募集しています。
続きはこちら

検定研究会・運営団体

検定をご指導いただいている先生方と、運営している団体の紹介です。
続きはこちら